こんにちは、rabbitのキャンペーン分析担当官です。

いっけん良さそうなキャンペーンなのに、なぜだか!参加ユーザーが少ないキャンペーンを「過疎ってるキャンペーン」と私たちは呼んでいます。とっても残念なんです!企画はいい感じなのにもったいない!

この残念な「過疎ってるキャンペーン」にならないためには、ある3つのことを可視化することが大切なのです。その「可視化すべき3つのポイント」をご紹介します!

1. 応募するために必要なアクションの可視化

参加フローをわかりやすく!

例えば、特定のハッシュタグをつけて投稿というキャンペーンでは、つけるハッシュタグが複数あったり、複雑だったりして、何をしなければならないのかがよくわからないことがあります。フォロー&RTキャンペーンなどの他のキャンペーンは導線や、どの投稿をRTすればいいのかが、考えずに行動できるものがほとんどです。

そういったわかりやすいキャンペーンにユーザーは慣れてしまっているため、説明の丁寧さのレベルを合わせないと離脱されてしまいます。参加フローをわかりやすくしましょう!参加者が応募するために何をアクションすればいいのかを一目でわかるようにすることが重要です。

わかりやすく説明している例をご紹介します!

宅配寿司の「銀のさら」・「すし上等!」が開催している「すしったグラム」という写真投稿キャンペーンの参加方法のお知らせです。

https://sushitta.ginsara.jp/

2. 当選プレゼントを写真で可視化

プレゼントをわかりやすく!

残念なことに、キャンペーンページ内にプレゼントの写真を載せていないことがあるんです。プレゼントの写真を出さずに商品の写真を出していると、せっかくプレゼントが魅力的でも、それが絵的に伝わりません。

一目でユーザーに魅力を感じてもらえるような写真を載せることがマストです!

こちらは化粧品のアルージェのプレゼントのお知らせですが、プレゼントの写真がかなりわかりやすいです。

​ 

3. 他の参加者の可視化

他のユーザーの参加投稿型キャンペーンの場合ですが、キャンペーンページ上にユーザーが投稿したコンテンツを入れることも重要です!メリットは2つあります。

1.盛り上がりと安心感を伝えることができる!

ユーザーは自分だけ参加してるっていうのはイヤだと感じるものです。イベントの盛り上がりを可視化することで、自ら参加するように促すことができます。

また、他の参加者が可視化されることで、安心感を与えることができます。

2.参加投稿のイメージを持ってもらうことができる!

どんな投稿をすればいいかのイメージがしやすくなるため、投稿数のアップが狙えます。

こちらはベルメゾンのブランド「ミニラボ」が開催しているキャンペーンです。キャンペーンページ上にキャンペーン参加者の投稿を表示しています。こんな風にユーザーの投稿を表示すると、安心感を伝えるとともに、投稿のイメージも持ってもらえます。

http://www.bellemaison.jp/cpg/interior/minilabo/minilabo_life/minilabo_life_index.html#/boards/mini

まとめ

毎日多くの情報を目にしているユーザーにキャンペーンに参加してもらうためには、全てをわかりやすくすることが重要です!

全ては一瞬で決まる!何をやればいいのか、何が当たるのか、盛り上がっているのか。全てが一目でわかるようにしましょう!



MENU

SERVICE