こんにちは!

rabbitのキャンペーン分析担当官です。毎日毎日キャンペーンに応募していると、どういう仕掛けにユーザーが動くのかユーザー心理がジワジワと見えてきます。ま、そんな分析しなくても、単純にキャンペーン好きなので応募しちゃうんですけどね。笑

さて、今日は「キャンペーン成功の法則」を図にしたものをご紹介します。

キャンペーンや懸賞は3つのポイントを抑えることが、とっても大事!その3つのポイントを紹介します。

シーソーをイメージしてください。

左側には「ユーザーが欲しいもの」、右側には「企業が欲しいもの」があります。

この二つのバランスをどうとるかがキャンペーン設計の重要なポイントです。

例えば、ユーザーが欲しい「プレゼント」が大したものではないのに、企業が欲しい「アンケート」で聞いてくる項目がやたら多い!というキャンペーンをイメージしてみてください。

それだとバランスが取れていないので、参加者はあまり増えないでしょう。

ユーザーが得られるものに対して、労力が見合わないからです。

それに対して、企業が欲しい「顧客情報」をすごく簡単に入力するだけで、当選確率が高い「豪華プレゼント」が当たるキャンペーンはどうでしょうか?少ない労力で、ユーザーが得られるものの方が大きいので、続々と参加者が応募してくるでしょう。

この二つのポイントをシーソーのようにバランスをとっていきます。

そして、もう一つのポイントは「ブランド力」。

ブランド力がある場合、例えば、会員登録の項目が多くて負担が大きくても、大好きなブランドのためだったら登録したいという気持ちが大きいので、思わず登録してしまう力があります。企業が得られるものが多めでも、シーソーのバランスがとれてしまいます。

それに対して、ブランド力がない場合は、ユーザーが得られるメリットがよっぽど大きくないと、シーソーのバランスはとることができません。

ここで重要なのは、自社のブランドの力がどれだけあるのかを見極めること!

ここの見極めを間違えると、シーソーのバランスがうまく取れなくなってしまうからです。

これが、rabbitキャンペーン分析官がいつも使っているキャンペーン成功法則になります。

なんとなくイメージできたでしょうか?

わかってしまえば、そんなに難しいものではありませんよね!

今後も最新キャンペーン事例を、この法則をもとに分析していきますね。お楽しみに!



MENU

SERVICE