こんにちは!

rabbitのキャンペーン分析担当官です。

今回の記事では前回に引き続き、おさえておきたい流行ハッシュタグ<海外編>のVol.2をご紹介いたします。

床と足は芸術?!「#ihavethisthingwithfloors」に美を感じるワケ

​​

床と足を芸術に変えてしまうユニークなハッシュタグ「#ihavethisthingwithfloors(床にある私の物)」をご存知ですか?床と足にフォーカスを当てた写真ばかりが投稿される「ihavethisthingwithfloors」というインスタグラムのアカウント、およびそのハッシュタグです。

覗いてみると、驚くほど美しくアートの世界が広がっており、その下部には撮影者自身の足がしっかり写り込んでいます。投稿されている写真はランチタイムに撮られたものから、ショッピング中、旅行中など個人でまちまちです。裸足の人もいれば、お気に入りのシューズを履いた人、もしくは靴以外にも床に置かれた自分の持ち物、偶然出会った魅力的な床や地面など何でもありです。

現在84万人のフォロワーがいる当アカウントは、2014年6月にアムステルダムに住むPien van Wijmen氏,、Joshua Jansen氏そしてEdith Beurskens氏の3名で立ち上げられました。目的はとてもシンプルで、「素敵なフロアーに出会ったとき足の自撮りをしよう」というもの。結果それが想像を超えるほどの芸術性を持ち合わせ、世界中でヒットし続けています。

なかなか顔の自撮りは人前で出来なくても、床の上の足ならさり気なく人目を気にせず出来る「自撮り」ですよね。誰もが親しみやすく、訪れた先々で簡単に撮影できてしまうところも、このハッシュタグが630,000投稿以上にものぼっている理由でしょう。

なぜかノスタルジックな写真が多い「#TBT」。古いシューズとの関係は?

​​

近年よく目にするようになってきた欧米の有名セレブを中心に盛り上がっている「#TBT」。特にインスタグラムで主流となっており、海外では一般の人々の投稿でも見かけることがあります。

この「#TBT」の付いた投稿は写真が主で、その写真のほとんどが昔撮られたようなものばかりです。子どもの頃、若かりし日の自分など、ノスタルジックさを感じられずにはいられません。

それもそのはず、このハッシュタグは、「Throwback Thursday」を略したもの。日本語にすると「木曜日に過去の写真を投稿する」という意味合いがあります。インスタグラムやツイッターのほかにも、TumblrやFacebookでも木曜日にこのハッシュタグを付けて昔の写真が投稿されています。

写真は、数年前でも幼少期でも、さらには数日前でも可能です。特に厳しいルールなどはなく、ユーザーたちが世界中に自分自身を表現する機会をこのハッシュタグが与えてくれているようなもの。「#ThrowbackThursday」や単に「#Throwback」とタグ付けしてもいいようです。

元々、「Nice Kicks」というスニーカーブログで2006年頃から古いシューズにフィーチャーするべく考え出されたのが「ThrowbackThursday」という言葉。曜日を限定することにより、毎週必然的に話題の中心となるかもしれないと考えていたようです。そこが原点となり、今では世界中のユーザーたちが古き良き写真に使用している流行りとなったわけです。

フォロワーが増える「#photooftheday」とは?!フォトジェニックがポイント

​​

インスタグラムは、SNSのなかでも特にフォトジェニックな投稿が目立つものとして有名です。毎日多くの芸術性にあふれた写真を目にしますが、「#photooftheday(今日の1枚)」というハッシュタグを付けて、とっておきのその日の写真を投稿すると、一気にフォロワーやいいね、コメントが増えるチャンスがあります。

「photooftheday」というインスタグラムアカウントを持つLuca Anania氏は、世界中から集められた同ハッシュタグの写真で、毎日今日の一枚を決定して掲載します。本当に素晴らしい写真の数々で目を奪われてしまうものばかりです。

こちらは、インスタグラムの数あるコンテストのなかでも最も人気高く、日々多くのユーザーたちから注目を浴びています。このハッシュタグで素晴らしい写真を投稿したり、このアカウントに掲載されたりすると、素人でも世界中からの注目度が違ってきます。フォロワーやいいねを増やしたいと考えている写真好きには、とっておきの方法です。

「#SNLbackstage」で人気番組をより人気に。番組宣伝はユーザーのハッシュタグで

​​

アメリカのNBCで土曜日23時から放送されている「Saturday Night Live(サタデー・ナイト・ライブ)」は、北米では誰もが知る大人気コメディ番組です。1975年から放映されている長寿番組でもあります。

そのサタデー・ナイト・ライブ(以下SNL)では、渦中の俳優や政治家などあらゆる人物を取り上げて、コメディアンたちが変装し、うり二つのものまねで皮肉的に演じたりもします。放送されると物凄い話題にもなりますので、それを利用してSNLのインスタグラムアカウントでは、「#snlbackstage(SNLバックステージ)」というハッシュタグを作り、番組の裏側を公開しています。バックステージでは、コメディアンたちが変装していく様子を早送りで公開したり、思わず見入ってしまうものばかり。自分たちが観た番組は、こうして作られているということが分かりとても興味深いです。

#snlbackstageのハッシュタグでのインスタグラムの投稿は、現在までに3,400件を超えていますが、なかには一般のユーザーが放送されているSNLの面白いシーンを動画撮影して投稿しているものなども含まれます。実際のバックステージシーンでなくても、それだけ人気で人々に広めたいと思うユーザーが多いという証拠です。これは番組にとっても効果的に宣伝でき、より多くの視聴者獲得につながります。

ハッシュタグは、SNSの投稿を拡散させるために欠かせない存在となってきています。1つのハッシュタグであっても、とらえ方や使い方は十人十色というのも面白い点です。皆さんも海外の人気ハッシュタグを使用することで、より多くのユーザーからのリアクションを楽しめるため、ぜひ巧みに使ってみましょう。

さて、次回はおさえておきたい流行ハッシュタグ<海外編> Vol. 3です。お楽しみに!



MENU

SERVICE