Instagramを利用している人なら誰でもフォロワーを増やしたり、いいねやコメントをたくさんもらいたい!と思いますよね。
ビジネスのためにInstagramを利用するのであればそれはなおさら重要です。

まず必要なことは、あなたのアカウントの存在を知ってもらうことです。

手っ取り早いやり方としては、投稿にハッシュタグをつけて新規ユーザーに見つけてもらう方法があります。
もちろんハッシュタグは付けているけど、うまくフォロワーが増えない…!と悩んでいる方は、Instagramのおすすめに表示させることやフィードに優先的に表示させることを考えていくべきでしょう。

そのためには、Instagram内部のアルゴリズムを理解していく必要があります。
今日はInstagramのアルゴリズムについて詳しく解説していきましょう!

Instagramはアルゴリズムをこう考えている
元々Instagramのフィードはシンプルに投稿された順に表示される仕様でしたが、2016年以降は独自のアルゴリズムが導入され、ただ時系列に表示されるものではなくなりました。

Instagramのフィード画面

また、Instagramは以下のようなコメントを発表しています。
「写真や動画がフィード画面に表示される順番は、ユーザーの興味関心、ユーザー間の親密度、そして投稿されてからの経過時間を元に決定されます」
このコメントはInstagramアカウントを成長させていく上でのひとつの答えと考えても良いでしょう。

つまり、
・ユーザーの関心を引くこと
・ユーザーの親密度を高めること
・新しい投稿であること
が重要だということです。

具体的には、
・いいねをたくさんもらうこと
・コメントをたくさんもらうこと
・常に新規の投稿をし続けること

であると言い換えることができますね。

これらの条件を満たすようなアカウントを作れば、フィードにはあなたのアカウントの投稿が優先的に表示されるようになります。

おすすめエリアに表示されるロジック
おすすめエリアに表示されるロジックは、「好み」や「関連性」だと言われています。

Instagramのおすすめエリア

例えば、あなたが普段から韓国アイドルのInstagramを熱心にチェックしているファンだとしましょう。
すると、Instagramのアルゴリズムはあなたの好みを学習し、おすすめエリアに他の韓国アイドルの写真を表示するようになります。

特にユーザーが長い時間滞在している投稿は上位に表示されやすくなるようです。

ビジネスを展開する側の立場としては、
・ターゲットのユーザーに関連性が高い投稿をする
・滞在時間を伸ばすようにキャプションを工夫する
などの点を意識することで、おすすめエリアからも見つけられやすくなるでしょう。
Googleなどの検索エンジンに向けたSEO対策の経験があれば同様の考え方で対応できるはずです。

これまで、Instagramでフォロワーを増やしたりエンゲージメントを獲得したりすることはなんとなくの文脈で語られがちで、アルゴリズムの詳細な仕組みや具体的なロジックはあまり意識されてこなかったのが実情です。
上記のようなポイントを意識してInstagramを運営していくことで自ずと結果は変わってくるでしょう。



MENU

SERVICE