rabbitはキャンペーンの内容を詳しく分析する際、公式に基づいて分析しています。

“ブランド力”  “ユーザーが欲しいもの”  “企業が欲しいもの”

この3つの要素のバランスを取ることがとても重要です。

​​

※こちらの法則について、詳しくはこちらの『【見つけた!】キャンペーン成功の法則』の記事をご覧ください。

今回はこの法則に基づいて、森永乳業さんのパルテノのキャンペーンを分析していきたいと思います!

“パルテノでちゃっかりダイエットキャンペーン”は、商品の購入、ハッシュタグをつけてのシェア、会員登録というフローのキャンペーンでしたが、多い日で約260件投稿されていました。

では、3つの要素を元にパルテノのキャンペーンを分析してみましょう!

ブランド力:高め

ブランド力によって、”企業がほしいもの”と”ユーザーが得られるもの”のバランスを調整します。

ブランド力が高い→企業がほしいものが多めでもバランスがとれる

ブランド力が低い→ユーザーが得られるものを多くしてバランスをとる

“ブランド力”は、ブランドの認知度やファンの濃さから判断します。

パルテノはCMなどでメディアに多く露出し、商品もかなり認知されているため、ブランド力は高いと判断します。

そのため、“企業がほしいもの”が多くてもユーザーは参加してくれやすいと考えます。

企業がほしいもの:会員登録

今回のキャンペーンの参加フローは、2段階でした。

1. 自分が食べたいものを画面上で選んで、結果をシェア

いつものスイーツをパルテノにスイッチ!パルテノはおいしいのに高たんぱくヘルシー! パルテノでダイエットの効果を実感しています。食べる回数を増やしました https://t.co/a1MJsUaS2i #パルテノでちゃっかりダイエット #パルテノ — しゅんち (@shunsky01) July 31, 2017

2. 会員登録をして応募

通常は1段階のキャンペーンが多い中、今回は2段階であったことからキャンペーン参加のハードルとしては高めでした。

ユーザーが得られるもの:パルテノ2週間分

今回のキャンペーンでのプレゼントは、毎月30人にパルテノ2週間分でした。

毎月の当選人数はあまり多くないものの、2週間分というインパクトとお得さがありました。2週間分というキーワードは数字を上手く使ってお得さを出していますね!

※数字の使い方については『「数字」を使って、キャンペーン応募へと駆り立てるテクニック』の記事を参照してみてください。

まとめ

今回のパルテノのキャンペーンは・・・

“企業が欲しいもの”のハードルは高かったけれど、”ユーザーが得られるもの”が2週間分のパルテノと量が多く、またパルテノの”ブランド力”の高さがあったため、キャンペーンが成功した!

3つの要素のバランスをとって成功しているキャンペーンでした!

今後も、キャンペーン成功の法則に基づいて、様々なキャンペーンを分析した記事を書いていくので、ぜひ読んでくださいね!!



MENU

SERVICE