みなさま、あけましておめでとうございます!

本年もブログを通じて、皆様とつながっていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします!

rabbitですが、今年は4つのテーマで記事を書いていこうと思っています。

1、ユーザー参加型キャンペーンの成功法則tips/最新キャンペーン事例

2、国内と海外のUGC事例(ユーザーコンテンツ活用事例)

3、海外・国内の最新SNS事情

4、シャトルロック社のサービス・事例紹介

rabbitを運営しているシャトルロック社がグローバル企業であるため、ニュージーランド、アメリカのロスアンゼルス、ニューヨーク、オーストラリアの動向の情報がたくさん入ってきます。今年は、そのグローバルのトレンドも積極的に発信していこうと思います。

さて今日は、昨年2017年の人気記事を振り返ってみたいと思います・・・!

1位から5位までを発表します!

1位 ユーザーが自ら動き出す!「トライブ・マーケティング」とは!?

ただの消費者ではなく、信者+営業マンへと変えていく「トライブ・マーケティング」の記事が第1位でした!UGC(ユーザー・ジェネレイテッド・コンテンツ)を運用していくためには、どうやってユーザーを巻き込んでいくのが成功の秘訣になります。トライブ・マーケティングの考え方を知ると、ユーザーを巻き込んでいった先に何が起きるのか?という理想形がみえてきますよ!

記事はこちら:ユーザーが自ら動き出す!「トライブ・マーケティング」とは!?

2位 インスタントビデオの成功事例「星野リゾート」様

第2位は・・・ 今年話題の、静止画を動画に変える不思議なコンテンツ「インスタントビデオ」の星野リゾート様の事例でした! 星野リゾート様のインスタントビデオの事例は必見です。一見、写真なのに、フワフワと雪が舞い落ちる動画が、幻想的な世界へと連れていってくれますよ。ファンの方からの反響も、とてもよかったようです!

インスタントビデオは、今年もきっと大ヒット間違いなしなので、ぜひチェックしてみてください。

記事はこちら:インスタントビデオの成功事例「星野リゾート」様  

3位 国内・海外Instagramキャンペーンの最新事例まとめ〜前半〜

Instagramキャンペーンの最新事例まとめは、やはり人気でした! 5位以内に、前半と後半の両方がランクイン!

Instagramの活用方法は、日々進化しているので、最新の事例はこまめにインプットしていきたいですね。

前半の記事では、ポカリスエットのハッシュタグキャペーンで行われていた、投稿数が増えると当選確率もアップするというユーザー皆で盛り上げるための仕掛けが面白い事例や、スポーツウェアのコロンビアが主催されていたフォトコン事例、そしてイギリスの非営利団体が仕掛けた「ファッションに関わる人の労働環境の改善」を呼びかける社会派なキャンペーンを紹介しています!

記事はこちら:国内・海外Instagramキャンペーンの最新事例まとめ〜前半〜

4位 国内・海外Instagramキャンペーンの最新事例まとめ〜後半〜

3位の記事「Instagramキャンペーンの最新事例まとめ」の後半記事になります。

こちらの記事では、スターバックスの新商品PRでユーザーを巻きこんだキャンペーンの成功事例と、ロッテのガーナチョコレートが実施したレシピ・アイデアのキャンペーン成功事例をご紹介しています!

記事はこちら:国内・海外Instagramキャンペーンの最新事例まとめ〜後半〜  

5位 サントリー「瀬良社長」キャンペーンの”凄いポイント”

そして第5位は、ネットでもかなり話題になった「瀬良社長」のキャンペーンの分析記事でした。Twitterで盛り上がりやすいと思われがちな大喜利ですが、実は盛り上げるための仕掛けを十分にしておかないといけないのです。その点、「瀬良社長」のキャンペーンは、緻密に設計されていました。 盛り上がるキャンペーンは、ちゃんと緻密な仕掛けがありますね!

記事はこちら:サントリー「瀬良社長」キャンペーンの”凄いポイント”  

さて、いかがでしたか?

今年も、みなさんのヒントになるような記事をたくさんアップしていきたいと思います!

どうぞよろしくお願いいたします!



MENU

SERVICE