数多くの企業がマーケティングのためにTwitterやInstagramを利用しています。
Twitterはテキスト、Instagramは画像・動画ベースのSNSなので、必然的に投稿する内容も異なってきますよね。

では、各企業はそれぞれのSNSをどのように使い分けているのでしょうか?
今日は効果的にTwitterとInstagramを使い分けている企業を3つご紹介しましょう!

1. 無印良品
Twitter (@muji_net)
Instagram (muji_global)
国内で圧倒的な人気を誇る雑貨・日用品チェーンの無印良品は、TwitterとInstagramをうまく使いわけています。

 Twitterでは通常投稿の他、アイキャッチ画像付きのブログ記事へのリンクを掲載しています。
Twitterが元々テキストベースのメディアなので、テキストが中心のブログにリンクするのは相性が良いです。

 一方、Instagramでは複数画像や動画を積極的に利用し、商品や商品を取り入れた事例を紹介していますね。
Twitterにはテキスト、Instagramには画像に重心を置くというお手本的なアカウントの使い分けです。

2. スターバックスコーヒー
Twitter (@Starbucks_j)
Instagram (@starbucks_j)
シアトル発の世界的なコーヒーチェーン、スターバックスはTwitterやInstagramで多数のフォロワーを抱えています。

 Twitterでは140字以内で商品紹介、またシズル感あふれるアイキャッチ画像、そして詳しい説明が書いてあるオフィシャルサイトやブログに誘導と、基本的には先に紹介した無印用品のケースと同様にアカウント運用がされています。

 スターバックスの場合は、TwitterとInstagramで共通の写真素材が使われていることも多いです。
同じ投稿であれば素材を用意する手間が省けますし、両方のSNSをフォローしてくれているフォロワーに対しては複数回アピールできますよね。

これもひとつの戦略なのでしょう。

3. UNIQLO
Twitter (@UNIQLO_JP)
Instagram (@uniqlo)
日本を越えて世界に展開している衣料品チェーンのユニクロも、もちろんTwitterとInstagramを駆使してビジネスを加速させています。

セール情報が掲載されたチラシ、新商品のCM動画、プレゼント企画、コーディネート紹介など、かなり広範囲のコンテンツが網羅されています。
動画付きのツイートも高頻度で投稿されており、盛りだくさんな印象です。Twitterに現在実装されている機能をフルで活用していますね。

Instagramアカウントは完全にグローバル仕様で、キャプションやタグはすべて英語で書かれています。

モデルにもほとんど日本人は起用されていませんね。
世界展開を進めつつあるユニクロの姿勢がはっきりと表明されているアカウントだと言えます。

まとめ
・Twitterはテキスト中心、Instagramは画像・動画中心
・あえて同様の投稿を両方のSNSでする
・片方を完全にグローバル仕様のアカウントにしてしまう

TwitterとInstagramの使い分けには以上のようなパターンがあることがわかりました。
複数のSNSを使ってマーケティングをしているビジネスにとっては参考になりそうです!



MENU

SERVICE