こんにちは!

rabbitのキャンペーン分析担当官です。暑い日が続きますね!

今日は、事例が増えてきている2ステップキャンペーンについてご紹介します。私も何度か2ステップキャンペーンで商品が当たったことがありますが、より深くブランドと関係作りができる方法だと思いました。2ステップの中身はとてもシンプルです。

1st STEP 一つ目のプレゼントが当たるキャンペーン

2nd STEP 当選者(+一般の人)が参加できるキャンペーン

この2つ目のステップでは、1st STEPで当選した人だけが参加できるキャンペーンを設定することも可能ですし、当選者+一般の人の両方が参加できる設定にすることも可能です。

このように、2ステップを用意することで、どんなメリットがあるのか分析してみました。企業側には2つのメリットがあります。ご紹介する2つの事例はどちらとも化粧品ブランドですが、化粧品ブランドでなくても実行可能なので、ぜひ参考にしてみてください。

1、より高いクオリティの写真を拡散できる

まず一つ目に、2ステップキャンペーンを行うことで、クオリティの高い写真を拡散できた事例を見てみましょう。

化粧品ブランドSKⅡのキャンペーンです。1ステップ目は「してみたい挑戦」をツイートした人の中から抽選で1週間分の化粧品が当たる、そして2ステップ目では、化粧水を「自然の中で撮影してSNSで拡散」した人の中から抽選で旅行券が当たる、というキャンペーンでした。1ステップ目で当選した人は、プレゼントでもらったミニサイズの化粧水で写真を撮っていました。

キャンペーン好きのユーザーは、2ステップキャンペーンでなくても、基本的に当選した商品を撮影して写真アップする人が多いのですが、「当選した商品の写真をSNSへアップすると、さらに抽選でなにか当たります」となると、ユーザーはより一層気合を入れて写真を撮ります。なぜなら、良い写真の方が当たる確率が高いであろうことは容易に推測できるからです。そして、好きなブランドが自分が撮った写真を見てくれることを思うと、思わず気合が入ってしまうということもあります。SKⅡのキャンペーンでもこんな写真がアップされていました。

SK-IIと一緒に海へ
潮風も日差しも気持ちよく夏を楽しんできました
#skii #facethewild #sk2と出かけよう #giftfromsk2 pic.twitter.com/E0wazVgOWZ

— うみねこ (@umiuminekoneko) 2017年6月10日

企業としてはこの2ステップを設けることで、より高いクオリティの写真をSNS拡散してもらえる可能性がグッと高まります。ここに企業側に大きなメリットがあります。

そして、プレゼント選定の時も、ただランダムな抽選方法ではなく、ブランドの世界観に合う人を探して選ぶことも可能です。フォロワーが多く影響力があるアカウントを選べるのも、企業としては嬉しいポイントですね。

こちらの記事にも書きましたが、プレゼントが届いたタイミングが最も感情が爆発しているタイミングです。なにかお願いごとがあれば、このタイミングを逃さないようにしましょう。

2、ブランドにより深く関わってもらうってファン化促進

2ステップ・キャンペーンの二つ目のメリットは、ブランドに深く関わってもらうことでファン化促進をできることです。実際の事例を見てみましょう。

 

こちらは花王の有名ブランドソフィーナのキャンペーンです。こちらのキャンペーンは、まずは「化粧水と乳液のサンプルが当たる」というキャンペーンからスタートしました。1ステップ目のキャンペーンです。

さらに、このサンプルが当たってSNSにアップした人の中から、iP美活パワームースが抽選で当たるというキャンペーンをやっていました。これが2ステップ目にあたります。

この2ステップを分解してみると・・・

1)まずはソフィーナの最もベーシックな商品である化粧水と乳液を使ってもらいます。

2)その使用感を知ってもらった上で、特別ケアのパックを使ってもらいます。

一気に商品を渡すよりも、順を追って使ってもらうことで、より深く商品を理解してもらう効果があるのではないかと考えています。この方法は、特に化粧品キャンペーンで実施されていることが多いのですが、商品ラインナップが多いブランドや企業さんにも、このやり方はオススメですよ。

ステップを設けることで、ユーザーとの関係性が深くなっていきます。ぜひ試してみてください!



MENU

SERVICE