こんにちは!

rabbitのキャンペーン分析担当官です。今日はユーザー心理ではなく、キャンペーン担当者の手間を減らすためのちょっとしたノウハウをお伝えします。

プレゼント・キャンペーンの悩みの一つ。それは、プレゼント発送の手間とコストです。

これは結構バカになりません!

プレゼントを一つ一つ梱包する労力、住所という大切な情報を取り扱う負担感、そして発送する郵送代。

下手すると、プレゼント代よりも発送代の方がコストがかかってしまうことも・・。

「プレゼント発送をどうするか問題」は、キャンペーン担当者の大きな悩みの種になっているかと思います。

実は、この悩みを解決する方法があります。

それは・・・・・、「デジタル・ギフト」です!

メールアドレスだけで発送完了。梱包の手間も発送費用もかかりません。

発送の手間とコストがネックで、キャンペーン開始に二の足を踏んでいるキャンペーン担当者にぜひオススメしたいと思います。

さっそく、どんなデジタルギフトがあるか見てみましょう。

1、アマゾンギフトカード

デジタル・ギフトの王様と言えるかもしれません。

欲しいものが何でも買えるアマゾンギフト券は、懸賞やキャンペーン好きなユーザーにも人気のプレゼントです。

コード発行するタイプや、Eメール配信タイプなど、渡す手段もバリエーションが多いのが、大手アマゾンならではの特徴です。金額も50円から50万円まで1円単位で発行できるのも魅力的ですね。例えば、コンテスト系のキャンペーンをやる場合に、1位は5万円、2位は3万円と細かく値段を分けることも簡単にできます。 2、スターバックスegift

二つ目は、スターバックスのeGiftです。

アマゾンギフト券はキャンペーンでよく見ますが、スタバのギフト券はそこまで使われていません。同じ金額だったら、こちらの方がアマゾンギフト券よりも目立てるかもしれません。ちょっとオシャレなイメージが出せるのも魅力的です。

お好きなドリンク1杯プレゼントになりますが、500円を超過した場合は超課代分の金額をギフト券利用者の方から超過分をいただく仕組みになっています。

3、アップルiTunes Card

三つ目は、アップルから販売されているiTunes Card。

音楽、映画、ゲーム、本などiTunes storeで好きなものを購入できます。金額は500円、1000円、3000円、5000円の4種類。メッセージと共にEメールで送ることができます。このメッセージカードもアップルならではで、オシャレなデザインの中から選ぶことができます。

4、e-Gift

四つ目は、様々なお店・ブランドからデジタルギフトを選択できるgiftee。

選択できるギフトがカフェ、ラーメン、整体とバラエティに飛んでいるのが特徴です。かなり多くのギフトから選べるので、何を贈るか悩んでしまいそうです。100円のコーヒーから家事代行サービスまであるので、きっと贈る相手の喜ぶものが見つけられるはず!先ほど紹介したスタバのeGiftもこちらから購入できます。

5、ポチッとギフト

五つ目は、チェーン店もローカルなお店も選択できるポチッとギフト。

セブンイレブンやモスバーガーで引き換えられるギフトもありますが、地元のお店で使えるギフトカードもあるので、近所の方へのプレゼントにも使えます!gifteeの方が品揃えは多いですが、違うギフトカードを扱っているので、両方チェックしてピッタリのギフトを選んで見てください。

いかがでしたか?

プレゼントの選び方で、ぐっとプレゼント発送の手間とコストを減らすことができます!

いつもプレゼント発送で悩まれていた方はぜひ試してみてください。



MENU

SERVICE