株式会社HRBrain
CMO

大森達也様
今回は人事評価クラウドサービスを提供するHRBrainの大森達也さま(CMO)にお話をお伺いしてきました!
社内で制作していた動画の制作時間と修正工数を減らし、弊社の動画制作サービス「Creative Works」で動画クリエイティブを制作した結果、CPAを20〜30%削減することができました。

HRBrainとはどのような会社でしょうか?

大森様:弊社HRBrainは人事評価クラウドを提供している会社です。
弊社は従業員の目標設定から評価までのオペレーションの全てをクラウド型のソフトウエアで効率化し、組織の生産性を高めるサービスを提供しています。

シャトルロックも導入させていただいていますが、目標管理が非常にやりやすくなりました!段階の評価基準で助かっています。

今まではどのような動画を制作して、どのような課題を抱えていましたか?

大森様:以前はエキストラさんなどを使い、1日がかりで静止画や動画を100本ぐらい撮影していました。その後、内製で動画の編集・制作していました。
Facebook広告に力を入れているので、積極的に動画を制作していきたいという思いで時間をかけて動画を作っていました。

動画制作はディレクション含め、構成などで時間はかかりますもんね。。。

omori-san

ではシャトルロックを活用しようと思った理由はなんですか?

大森様:きっかけはSaaSつながりのマーケターに、動画制作はシャトルロックのCREATIVE WORKSを使っていると聞き、ご紹介いただきました。
Facebook広告の効果や配信に特化した動画を制作できるところが、非常に魅力的に思えました。
Facebook広告用の動画を自分たちで制作している中で、Facebookで効果が出るクリエイティブを作るためにはノウハウやナレッジが必要だと感じていたので、そこに対する強みを持っているところが魅力に感じました。
また事前に見せていただいた事例動画のクオリティーが高かったのもお願いしようと思った理由の1つです。

弊社も常にサービスのブラッシュアップに努めていますが、改めてそういった声をいただけると嬉しいです!

どのような効果改善を目標にしていましたか?

大森様:指標はCPAです。CPAを下げて、よりFacebookの日予算を増やして、コンバージョンの件数を獲得していくという、良いサイクルで動画広告を回せるようになることが理想でした。
そのため、CPAの改善を目指していました。

どれぐらいの効果改善がありましたか?

大森様:同じ素材を使った静止画と比較し最大20〜30%CPAを削減することに成功しました。
また、ロゴと素材を渡しただけで、動画クリエイティブがすぐ上がってきたのはびっくりしました。 工数も少なく済んだので、大変簡単に進めることができました。

KPIの改善にご協力でき何よりです!


今後の動画制作のお取り組みについて

大森様:今後は新たな訴求軸を試していくことで、広告をご覧になる皆様にどうすれば興味を持っていただけるか、多くのニーズを見つけていきたいと思っています。
そのためにも、今後もシャトルロックさんを活用させていただきたいと思っています。

KPIの改善にご協力でき何よりです!

この度はご協力いただき誠にありがとうございます!

今回のインタビューはPDCAを回すためにはスピーディーな制作と、Facebookのベストプラクティスを元に、動画を配信していくことが重要なことだと再認識できる事例なのではないでしょうか。

シャトルロックのSNS広告に特化した動画制作サービスは、Facebook以外の様々なSNSの動画制作にも対応しております。

サービスについての詳細は CREATIVE WORKS のサービス紹介ページを是非ご覧ください。



MENU

SERVICE