2016年にInstagramにビジネスプロフィールが導入されて以来、Instagramは写真や動画を投稿するだけのSNSではなく、新しいビジネスプラットフォームとして進化を続けています。

実際に、多くのユーザーがストーリーズやフィードを見た後にInstagramビジネスとメッセージを交わしているようで、なんとその数は毎月1億5000万以上にもなります。
しかも、それらのうち1/3はストーリーズの閲覧がきっかけになっており、まだ歴史が浅いストーリーズですがしっかりとユーザーには根付いていることがわかりますね。

DM機能がメールボックスのように
Instagramビジネスを運営するなら顧客からの問い合わせが重要になってくることは言うまでもありません。

これまではTwitterのDMのようにチャット形式でメッセージのやりとりができるようになっていましたが、5月8日からは重要なメッセージに★マークを付けたり、フィルターをかけて未読メッセージを探せるようになります。

重要なメッセージに★マーク

未読のメッセージや重要なメッセージをソート
 また、自分がフォローしていないアカウントからのDMはリクエストとして表示されていましたが、今後はひとつの受信箱に統一されて表示されるようになります。

新しい受信箱

チャットというよりは本格的なメールボックスに近づくようなイメージですね。

また、よくある質問に対しては事前に設定しておいた回答を自動で返信できる機能も実装される予定で、数週間以内にテストが開始されるようです。

アクションボタンの設置
現在ビジネスプロフィール上にはメールアドレス、電話番号、住所などを設定することができますが、実際に商品を購入したりサービスを予約したりすることはできず、外部のサイトにリンクするしかありませんでした。

それが、今回からは「チケット購入」や「予約」などのアクションボタンをプロフィール上に追加することができるようになりました。
Instagramから他のサイトに遷移することなく、より多くのアクションが完結することになります。

ユーザーにとっては、Instagramに書いてあるメールアドレスをコピーして…宛先に貼り付けて…メッセージを入力して…という作業は面倒なものです。
別のサイトに遷移するのもユーザビリティの観点から言えば良いものではないでしょう。

そのようなプロセスの途中で面倒になって離脱してしまうユーザーは一定数いるはずで、ビジネスにとっては機会損失になってしまいます。

今回の機能の改善ではこれらの問題が解決され、ビジネスにとってもユーザーにとってもInstagramがより便利で快適な場所になることは間違いありません。



MENU

SERVICE