有名アカウントのユーザーネームの横に青い認証マークが付いているのを見たことがありませんか?
偽物のアカウントから本物を区別するために存在しているマークですが、実はこの認証マーク、自分からInstagramに申請することができるようになりました。

今日はその手順をみなさんにシェアしましょう!

認証バッジの申請手順
①プロフィールページの右上にある3本線をタップします。

 ②下部にある「設定」をタップします。

 ③「アカウント」項目の一番下に 【認証をリクエスト】が出てくるので、こちらを押して認証リクエストページに移動します。

 ④ユーザーネームはすでに入力してあるので、企業名を記入し、公的な書類もしくは正式な事業者書類をアップロードします。

 手順は以上になります。
思ったよりもシンプルではないでしょうか?

必ずバッジが付与されるわけではない
ひとつ注意点があります。
申請すれば必ず認証バッジが付与されるわけではなく、審査に通過するのはInstagramが承認した一部のアカウントのみです。

フォロワー数やコンテンツの量が審査の対象になっていると言われていますが、詳細な条件については非公開となっています。

もし承認されれば文字通りアカウントに箔がつくので、まずは一度申請してみるのはいかがでしょうか?



MENU

SERVICE