今最も熱いSNSであるInstagramですが、スナップチャット風の機能であるストーリーズが若い世代を中心に爆発的な人気を集めています。
顧客に対してダイレクトかつ自然に訴求しようとストーリーズ広告を導入する企業も増えています。

今回、Instagramフィードとストーリーズで広告素材が共用可能となりました。

Instagramフィード用の広告素材を広告マネージャにアップロードするだけで、ストーリーズ広告では自動的に調整されてフルスクリーン表示されます。
これまでよりも簡単に、Instagram内のあらゆる箇所に広告を展開できるようになったのです。

ストーリーズ広告の強み
そもそも、ストーリーズはどのような性格を持っているのでしょうか。
「インスタ映え」という言葉も一般に浸透しているように、基本的にInstagramのフィードには非日常的な雰囲気を持った写真や、日常生活の中の特別な瞬間をアップしているユーザーが多いです。

一方、ストーリーズは動画が中心で、フィードのようにキメすぎない、カジュアルなワンシーンを投稿するのが通例となっています。
つまり、ストーリーズはフィードよりもリアルなポストをする場所で、ストーリーズを見ている瞬間のユーザーはより広告に対するガードが下がっている状態であると考えることができます。

そこで効果を発揮するのがストーリーズ広告なのです。

変更の詳細

写真:business.instagram.comより

・フィードのアスペクト比に合致する15秒以内の写真または動画をアップするとストーリーズにもマッチする形に自動的に変換されるので、それぞれの配置に合わせた素材を用意することなく、InstagramとFacebookを横断する形でユーザーに広告をリーチさせることができます。
・ストーリーズにぴったりマッチした広告は、ピクセル合致技術によって自動的に素材に溶け込むグラデーションが生成され、フルスクリーン表示でも違和感がありません。
・広告素材が正方形または横長の場合は、フィード部分がストーリーズのフォントで広告の下に自動的に表示されます。
・ストーリーズ広告には、上にスワイプした場合のリンク先を設定できます。

Instagramのユーザー数は右肩上がりに増え続けています。
フィードとストーリーズで広告素材が共用可能になることで、広告主にとってストーリーズはさらに魅力的なPRの場になることでしょう。



MENU

SERVICE