突然ですが、みなさんは「ハッシュタグ」をご存知ですか?
InstagramやTwitterなどのSNS上で利用される「#」マークのことです。

​​ 
そんなの知ってるよー!という声が聞こえてきそうですが、なぜハッシュタグを使う必要があるのか、どんなメリットがあるのかということについて深く理解している人は少ないかも知れません。

SNSの運用において大きな力を持っているハッシュタグ。
そんなSNSの影の支配者の秘密を、今日はじっくりと解き明かしていきましょう!

ハッシュタグの使い方(検索編)
各SNSやWebサービス上でハッシュタグは利用できますが、今回はInstagramにおけるハッシュタグの使い方に絞って見ていきましょう。

そもそもInstagramは写真や動画を投稿するサービスですが、検索窓からそれらを検索することができるようになっています。
しかし、検索窓にはテキストしか打ち込むことができません。

どうすればいいでしょうか?

例えば、あなたが目黒川の桜並木でお花見を計画しているとしましょう。
できれば満開の時期を見計らって、ちょうどいいタイミングで行きたいですよね。

そんなときは検索窓に「#目黒川桜まつり」と入力してみましょう。

すると、「#目黒川桜まつり」のハッシュタグがついた投稿が一覧で表示され、現在の開花状況をリアルタイムで知ることができるのです!

ハッシュタグの使い方(発信編)
さて、無事に目黒川でお花見を済ませたあとのあなたのスマホの中にはきれいな桜の写真が大量に保存されていることでしょう。
今度はその写真をInstagramで発信する番です!

「#目黒川桜まつり」タグをつけて投稿すれば、そのハッシュタグで検索したユーザーにあなたの写真をアピールすることができます。
うまくいけばフォロワー増加にもつながるでしょう。

Instagramに投稿する写真や動画にはテキストを書き込むことができますが、「#」のついていないテキストは検索の対象になりません。
なので、検索窓から投稿を検索するユーザーにあなたの写真を見せるためには、必ずハッシュタグをつける必要があるのです。

 ちなみに、ハッシュタグは一つのポストにつき最大で30個まで紐付けることができます。
今回のケースでは、「#桜」「#春」「#お花見」など、いろいろな角度からのハッシュタグがあれば、より多くのユーザーに見つけてもらいやすくなるでしょう。

メンションとは
ハッシュタグとは別の機能なのですが、今回はメンションについても説明していきましょう。
メンション(mention)は「言及する」という意味の単語ですが、Twitterで言うところのリプライに似た機能です。

 投稿内のテキストエリアに「@任意のユーザー名」の形式で、メンションを追加してみましょう。
よく見かけるのが、「Aちゃん @xxxxxxxx とランチ!楽しかったー」のような投稿です。

あなたがこの投稿をすると、Aちゃんには通知が送られ、あなたの投稿内の @xxxxxxxx をタップするとAちゃんのページにジャンプできるようになります。
あなたのフォロワーにお友達を紹介できるわけですね。

フォロー/フォロワーの関係でなくてもメンションはできるので、有名人や企業アカウントにメンションすることもできます。
誰もが知るようなブランドのアカウントに自分の投稿を気づいてもらう機会を作ることができます。

ハッシュタグ、メンションとInstagramの基本機能を紹介してきましたが、意外と使いこなせていない方も多かったのではないでしょうか?
より良いインスタライフのためにあなたも今日から「#」と「@」を使っていきましょう!



MENU

SERVICE