今回は、Instagramが新しく発表したメッセージ用の単独アプリ「 Threads (スレッズ)」について紹介していきます!


Threadsとは

みなさんご存知の通り、今までもInstagramアプリ内でDirectやDMなどと呼ばれるメッセージ機能が存在しました。
今回新しく登場したThreadsは、親しい友人とのコミュニケーションだけに特化した専用アプリであることが大きな違いです!

そのため、Threadsを使うためには親しい友人リストの作成が必要です。
去年追加されたInstagramの機能である、親しい友人リストをすでに作っている場合は、新たにリストを作成する必要はありません。
また、親しい友人リストの編集も可能なので、Threadsでコミュニケーションを取る人は自分で選ぶことができます!

Threads 画像
(引用 https://ja.newsroom.fb.com/news/2019/10/threads/

写真や動画をパッと共有

Threadsでは、写真や動画を即座に、簡単に送ることができます。ショートカットを作成しておけば、たった2タップで送信することもできます!


ステータスで友人が何をしているかが一目でわかる

Threadsでは、ステータスを使って友人たちが何をしているかが一目でわかるようになりました。勉強中、食事中など複数あるステータスを設定すれば、時間がないときでも、自分が今何をしているかを友人に伝えることができます。
ステータスはオススメされたものから選んだり、自分で新しいステータスを作成したり、オートステータスで変更できます。
また、ステータスを共有しないことも可能です!


Instagram Direct(DM)も今まで通り、利用可能

今までのInstagramアプリ内のDirect(DM)機能も利用可能なので、親しい友人とのコミュニケーションはInstagramアプリとThreadsの両方で確認できます。

コミュニケーションツールとしてInstagramを使っているユーザーは、今後Instagramアプリから離れていく可能性もあるので、今まで以上に、投稿頻度や投稿内容を充実させていかないといけないですね!
Instagramのアカウント運用をお考えでしたら、Instagramアカウント運用代行サービス をご覧ください!



MENU

SERVICE