マーケターはモバイル上で注目を集め、エンゲージメントを高めることができる『新しい何か』を常に探していると思います。

その中でInstagramとFacebookで活用できる機能をご紹介します: それはインタラクティブなアンケート広告です。
2019年にInstagramストーリーズとFacebookフィードに登場したアンケート広告は、簡単に素早く、また簡単に制作することができます。
Instagramによると、アンケート機能を広告に活用することにより、3秒の動画の観覧数が90%の投稿で向上したという結果も出ており、とても効果的なことがわかります。

しかし、どのようなアンケートを作ればいいのか、質問は何を聞けばいいのか?など頭を抱えている方も多いと思います。 なので、下記3つの投稿方法のアイデアもまとめましたのでぜひご参考にご覧ください。

■ブランド告知をうまく利用する

ブランドからの告知をするタイミングは、アンケート広告のエンゲージメントを高め、同時にブランドの認知度を高めることできます。
こちらの事例は新発売の2種類のフレーバーの飲料を並べ、どちらのフレーバーが好き?と質問を問いかけ、アンケート広告を活用しながら、新商品の紹介をしています。
ブランドの色や、味のイメージなどをうまく活用し、見栄えの良い動画を制作しましょう。


■トリビアでユーザーの興味をそそる

ブランドに関連した知識を試す、トリビア的なクイズを出すのもユーザーの興味をそそります。
クイズの出題の後に、カウントダウンをして答えを表示すると、動画の視聴時間を伸ばすことができます。また、下記の事例のように「スワイプアップで回答を見よう!」などのCTAを使って、遷移先のページに誘導することも効果的でしょう。


■オーディエンスを知るためのアンケートする

アンケート機能を活用して、ユーザーのインサイトを知ることも可能です。
例えば、下記のアパレル企業の事例では、ユーザーのファッションスタイルが「ストリート」か「シック」のどちらかという質問を問いかけ、今後の投稿内容でよりユーザーに受け入れられそうな内容をもう少し理解することができる可能性もあります。
大きなビジネスやマーケティングの方針はしっかりと精査はしたほうがいいですが、簡単なユーザーの考えていることを知るためにはアンケート機能を使うこともお勧めします。


■まとめ

最終的にはブランドやビジネスの目的にあったアンケート質問を問いかけるのが肝になってきます。
ユーザーがどのような内容を求めているかを知るのも重要になります。

シャトルロックではSNSに特化したモバイル動画広告制作サービスをご提供しており、アンケート広告向けの動画制作も可能です!
次のFacebookやInstagramのキャンペーンにアンケート機能を活用したクリエイティブを制作するのはいかがでしょうか?

動画制作サービスに興味がある方はこちらをご覧ください。



MENU

SERVICE