企業がTwitterを利用するワケ

近年、Twitterを利用する企業が増えてきました。
SNSで情報を発信してフォロワーを増やし、企業や商品、サービスのファンを獲得することや商品やサービスがすごいといった情報をユーザーに拡散してもらえる効果が期待できます。
テレビCMなどを流すのは高額なコストがかかりますが、Twitterを通じた拡散効果を利用すれば宣伝広告費用も抑えられます。
また、消費者の声をダイレクトに聞くことができ、商品やサービスの改善や開発に利用することもできます。
消費者との距離が縮まり、ニーズに合った商品やサービスが提供できるようになるのもメリットです。
さらには魅力的な人材や将来有望な人材の採用にTwitterを活用している企業も登場しています。
このようにTwitterを利用する企業は増えていますが、人気のある公式アカウントもあれば、あまり注目されない企業やフォロワーがなかなかの増えない公式アカウントもあります。
人気のある企業の公式アカウントにはどのような特徴があるのでしょうか。

①更新が頻繁

公式アカウントが立ちあげられても、ほとんど更新されずに放置されていれば、誰も注目してくれません。
頻繁につぶやきが行われ、ユーザーが気になる情報が提供されれば、フォロワーが増え、リツイートなどもされて、どんどん認知度が高まります。

②つぶやきが面白い

ただ更新回数が多ければ、よいわけではありません。
いかにもロボット利用的なつぶやきでは、ユーザーからの支持は得られません。
企業の広報担当者をはじめ、商品の開発担当者などのリアルなつぶやきやその時々のタイミングに即したつぶやきをはじめ、企業の担当者がそんな発言をしていいの、と驚くようなサプライズ感やギャップのあるつぶやきができる公式アカウントは人気が出ます。
企業のキャラクターのイメージを覆す発言をさせる、職場の裏事情などを暴露する、商品開発の裏話をするといった内容やつぶやき担当者のありきたりな日常や今していることをつぶやくなど、親近感がわく内容なども人気です。
もちろん、炎上するような発言はNGですが、人気のある公式アカウントでは戦略に基づいた面白いツイートや企業っぽくない親しみやすいツイートが発信されているのが特徴的です。

③ほかのメディアとの連携で話題を提供

人気の企業公式アカウントではTwitterだけでなく、テレビCMや雑誌などとタイアップすることや連携させた話題を提供するなど、メディアミックスの戦略でユーザーの注目を高めているところも少なくありません。
TwitterでのつぶやきからテレビCMに誘う、テレビCMで発信された謎の答えがTwitterで提供されるなど巧みな戦略で話題を集めているのです。

④お得な情報の提供やキャンペーンの開催

リアルタイムで店舗のお得な情報を提供することやその日だけ使える限定クーポンを配信するなど、お得な情報やキャンペーンの開催を積極的に行っているのも、人気の企業公式アカウントの特徴です。
中にはTwitterの発信者にAI知能を持たせたキャラクターを採用し、一人ひとりのフォロワーとのやり取りを通じて、その人に合ったクーポンをプレゼントするなどの仕組みを構築しているケースもあります。

⑤フォロワーとのコミュニケーションに積極的

これまで企業と消費者の関係は、1つの大きな企業対不特定多数の消費者という関係が基本でした。
ですが、人気のある企業公式アカウントでは大手企業であっても、フォロワー一人ひとりのコメントに返信したり、寄せられた意見に真摯に対応したり、提供されたアイディアにすぐに反応を示すなど、コミュニケーションに積極的です。
地道な草の根活動をしている企業公式アカウントは、人気を得ることにつながっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
Twitterはうまく活用すれば、簡単にお客様との関係を深めたり、近しい関係を保つことができます。
おもしろキャンペーンやプレゼントキャンペーンなどもうち、Twitterの使用を拡大していくことがお勧めです!



MENU

SERVICE