画像利用許諾規約

2017.10.01

第1条 提供条件
提供者はシャトルロック社及びシャトルロック社が指定する者に対し、画像を何度でも、期間及び地域に何ら制限なく、無償で且つ非独占的にサブライセンス、複製、頒布、宣伝、公衆送信、展示、譲渡、貸与その他あらゆる利用をする権利を付与します。

第2条 画像の取り扱い
提供者は、シャトルロック社及びシャトルロック社が指定する者が利用態様に応じて画像の加工を自由に施すことを承諾し、写真の利用にあたりコピーライト表示(クレジット表示)又はこの非表示等を求めないものとします。

第3条 画像に対する権利
提供者はシャトルロック社及びシャトルロック社が指定する者に対し、本人が制作しその著作権を完全に有しており、又は正当な権利者から適切に利用許諾する権利を得ていること、及び画像が第三者の著作権、肖像権、名誉権、プライバシー権、パブリシティ権、その他権利を侵害していないことを表明し、許諾する正当な権利を有していることを保証します。また、提供者は、画像について、シャトルロック社及びシャトルロック社が指定する者に対して、著作者人格権を行使しないことに同意します。

第4条 自己責任の原則
提供者は、万一、画像に関し、第三者から権利の主張、異議、クレーム、損害賠償請求、その他紛争等(以下「紛争等」という)がなされたときは、自己の負担と責任においてこれに対処、解決するものとし、シャトルロック社及びその他の者に一切の迷惑をかけないものとします。万一、画像に関する紛争等をシャトルロック社の費用で対処、解決したときには、シャトルロック社は、提供者に対して当該費用等を請求する権利を有します。

第5条 機密保持
提供者は、画像の利用が終了した後においても、この規約を締結している事実及びこの規約に関連して知り又は知り得たシャトルロック社及びシャトルロック社が指定する者の技術上若しくは営業上の情報その他一切の情報を、シャトルロック社の事前の書面による承諾を得ることなく、第三者に開示、漏洩しません。

第6条 準拠法、裁判管轄
本規約は日本語を正文とし、その準拠法は日本法とします。本サービスに起因または関連して提供者と当社との間に生じた紛争等については東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

MENU

SERVICE